手軽に賢くFX自動売買(海外EAシステムトレード編)

雄叫びさんの自動売買で毎日ちゃり〜ん。

FxPro SuperTrader

その他の記事

トレード思いつき日記

その他の記事

お金の勉強(ヒント)

その他の記事

自動売買EA実践ランキング2018(私的投資内容)

<2017年-2018年で私的利用中のEAランキング>
1位.ランド円トラリピEA(カスタム品)
2位.WallStreetForex2.0Evolution
3位.FOREX DIAMOND

1位のランド円トラリピEAこちらの記事で紹介しておりますが南アフリカランド対日本円(ZARJPY)でのロングオンリーEAです。もともと10万円くらいから実験的に0.03ロットで始めた個人調整のEAですが、OANDAの口座が最低0.10ロット取引になってしまったのを機にギャンブル感覚でそのまま0.10ロットで継続して1年半で50万ほど稼ぎ出しました。元手が5万+追加10万くらいでしたので十分。ただし、現在レート9円台では上がりすぎでやや危険かと思っております。たとえレート1円になっても耐えられるだけの資金量があれば必勝法のトレードです。

2位のWallStreetForex2.0Evolution、これはもう個人投資家向けの商業EAとしての知名度では世界で上位に入る有名EAですよね。昨年、リニューアルバージョンとなりましたが本質は変らず10年以上存続しているEAです。私の自動売買人生でも前バージョン含め7年以上使い続けています。とにかく、売りっぱなしでいつの間にか話題もサイトも消えてしまうEAが多い中、立派です。単純にメインのEURUSDとGBPUSDの15分足チャートだけから少額でまずは0.01〜始められるのがいいですね。

3位のFOREX DIAMOND、これも上のWallStreetForexを販売している会社と同じEAなのですが、こちらはかなりアグレッシブで1EA中に3つの戦略を有していて順張り、逆張りを含みナンピン(無限では無く1戦略あたり5回程度、損切り有り)も行います。細かく多くのトレードをして利益を積み重ねます。このEAについては1日数回トレードしてくれるので見ていてワクワク感はあるので好きですが、WallStreetForex2.0Evolutionに比べると資金量は倍くらい必要だと思いますし、単利運用をおすすめします。

その他、いろいろ試しましたが現在、この三本に集中して利益を積み重ねています。海外EAは複利で回しているので、アップダウンが激しい傾向ですが2017年より別口座に単利運用も初めてそちら方が安心ですね。とにかくに、半年くらいのスパンで見れる人ならWallStreetForex2.0EvolutionFOREX DIAMONDは使って見て良いEAだと思います。
特にEA初心者さんや今までまともなEAに巡り合ったことがない方には極端に高額では無くオススメです。


<個人的な金融投資手段>
1.インデックス系投資信託
2.ひふみ投信/セゾン投信
3.海外保険系の積立
4.国内株式(2018年現在GMOインターネット、シャープなど保有)
5.FX自動売買
6.仮想通貨マイニング
7.仮想通貨アルトコイン保有

2018年2月現在の金融投資についてはこんな感じです。

昨年はやはりインデックス系投資信託とビットコインやアルトコインでの収益が大きかったと思います。全世界で株価上昇なので素人でも保有するだけで利益を生みやすい年だったと思います。ビットコインも1BTC=8万円くらいの時に3BTC購入していて2BTCは2017年12月に100万超えたところで売却、1BTCは他のアルトコインに分散して保有中です。

FXの自動売買は面白いのですが、年利ベースで20〜30%が安全域ですね。ただ、海外業者はブローカー経由でのキャッシュバックリベートがとにかく大きく、EA自体の利益よりもキャッシュバック額が大き月がなんどもあります。

こう書いてしまうと、海外業者は元々スプレッドが大きいから・・・ってツッコミも有るでしょうが、国内のレバレッジ25ではいくらスプレッドが狭くても元資金がかかりすぎてかえってリスキーです。

しかも、証拠金が現在の20倍必要ってことは・・・100万くらいで全体的に動かしているから2000万!むりむりw

 

ABOUT THE AUTHOR

雄叫び
2007年夏より自動売買に興味を持ったのがきっかけでFXを始めました。最初の3年くらいで350万円を溶かしたと思います。その内訳は殆んど全て裁量取引。素人がFX取引をしていけないと痛感させられました。しかし、EAによる自動売買の可能性に諦めきれず、研究を重ねた結果。海外の優良EAを見つけ出し、それによる取引で勝率が大幅にアップ!そんな経験をブログサイトでまとめました。(もともとのキッカケはニコ生で質問攻めに遭ったので、そのまとめサイトにしたということは、知る人ぞ知る本当のサイト創設理由^^;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top