手軽に賢くFX自動売買(海外EAシステムトレード編)

雄叫びさんの自動売買で毎日ちゃり〜ん。

FxPro SuperTrader

その他の記事

トレード思いつき日記

その他の記事

お金の勉強(ヒント)

その他の記事

WallStreetForexROBOT 2.0 evolution 設置編まとめ

新発売となりました【WallStreetForexROBOT 2.0 evolution】ですが前バージョンをお使いの方も含めて、日本の環境で使うには注意する点があります。このブログをご覧になっている購読者様の中でも間違えた設定で損失を拡大している方がいらっしゃいましたので、注意喚起も含めて特集記事を書きたいと思います。

<購入方法について>
記事:購入方法について(リンク)をご覧ください。(現在旧Verにて説明中)

いきなり、最初に重要なことを書きます。

<注意するべき点>

・販売会社推薦の稼働EAは【WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0】と【WallStreet_ASIA_Evo_v1.0】のみ。
・【WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0】の販売会社推薦通貨ペアはEURUSDとGBPUSD、USDJPYのみ。(GBPUSDが一番の推薦、個人的にはUSDJPYは非推薦)
・【WallStreet_ASIA_Evo_v1.0】の販売会社推薦通貨ペアはGBPUSD、USDJPY、GBPCAD、EURCHFのみ。
(重要)【WallStreet_ASIA_Evo_v1.0】はそのまま設置しても自動時間設定にバグがある為、手動で設定値を入れる必要あり。
・【〜 simple】は初心者向けに設定内容が少ないのですが、通常版を使えば動きは同等なので使う必要なし。
・【WallStreet_RecoveryPRO_Evo_v1.0】はナンピンタイプのEAなので多くの含み損を抱える恐れがあり、私も個人的に非推薦。

<このEAに関わらず注意すべき重要な点>

どんなEAでも一つの同一EAで複数の通貨ペアにセットする場合にパラメーターのMagicNumber(マジックナンバー)を異なる値に手動で変更する必要があります。

それでは、次からが実際の設置方法です・・・


WallStreetForexROBOT 2.0 evolution】のインストール方法
購入後まずメールで件名:「Welcome to WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution!」というメールが48時間以内いくらいで届くはずです。そこに記載の・・・
– Account Name: your email address(このメールを受信したメールアドレス)
– Account Password: XXXXXX(パスワード)
にてWallStreetForexのサイトでログインします。
wsf2hp次の画面で先ほどのメールアドレスとパスワードを入力してログイン
そして、次の画面のログイン後の画面でダウンロードをクリック
wsflogin2ダウンロードページでインストラーをダウンロードしてください。

次に、インストールの前に使用するFX口座のアクティベーション(認証)を同じメンバーズサイト内で行います。上記画像の通り「Activation」タブをクリックして下記のように使用するMT4口座の番号を認証させます。
wsf2actこれでメンバーズサイトの作業は一旦終了。
wsf2instその後、ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしてインストールを完了させる。(MT4が起動中の場合は終了させてからインストール、もしくは再起動させる事。)

続いて、MT4へのEA【WallStreetForexROBOT 2.0 evolution】の設置になります。


【WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0】の推薦設置方法
<事前チェックの重要ポイント>
・設置通貨ペアチャートはEURUSDとGBPUSDの15分足チャート(USDJPYは私個人的に非推薦)
・設置の際にパラメーターのMagicNumberをそれぞれの通貨ペアで異なる数字に変更

<実際の設置方法>
まずは上部のツール>オプションを選び、エキスパートアドバイザーのタブにて『自動売買を許可する』と『DLLの使用を許可する〜』のチェックを付け、OKを押します。
wsf2option続いて、新規チャートでEURUSDのチャートを開き、15足にします。
その後、下記画像のようにナビゲーターウインドウの中のEAファイル「WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0」をそのチャート上にドラッグ&ドロップします。
wsf2set2次は、開いたウインドウの「パラメーター」タブにてご自身の資金量に合わせて取引ロット数を変更してください。
wsf2paraそしてOKボタンを押せば自動売買EAプログラムが動き出します。
wsf2set1上記のようになっていれば大丈夫です。
注意1:スマイルマークになっていない場合は「自動売買」ボタンが再生になっていないと思いますので、クリックしてみてください。
注意2:土日などの閉場中に動かした場合はWALL STREET FOREX ROBOTのパネル自体が開場するまで表示されません。

そのあと、同様に新規チャートでGBPUSDの15分足チャートへEAをセット(マジックナンバーの変更を忘れずに)して完了です。


【WallStreet_ASIA_Evo_v1.0】の推薦設置方法
<事前チェックの重要ポイント>
・設置通貨ペアチャートはGBPUSD、USDJPY、GBPCAD、EURCHFの15分足チャート
・設置の際にパラメーターのMagicNumberをそれぞれの通貨ペアで異なる数字に変更
(重要)自動時間設定バグの為、パラメーターのAuto_GMTはfalseへ変更、Manual_GMT_Offsetを使っているFX会社のサーバー時間に合わせる。
– 2016/11現在で代表的なFX業者のサーバーGMT時間は下記の通り。
– 国内FX業者のForex.com JAPAN、外為ファイネストは「9」固定。OANDAやFXCM楽天証券は夏時間「3」冬時間「2」で切り替え必要。
– 国内FX業者のXMやAXIORY、FXDD、FxpRoは夏時間「3」冬時間「2」で切り替え必要。Traders Trustは「0」で固定。
・MaxDailyRangeを推奨値の以下の値に変更する
– GBPUSD:MaxDailyRange = 35
– USDJPY:MaxDailyRange = 75
– EURCHF:MaxDailyRange = 35
– GBPCAD:MaxDailyRange = 85

設置方法については、ノーマル版の【WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0】と同様です。
GBPUSD、USDJPY、GBPCAD、EURCHFの15分足チャートを開き、EAをドラッグアンドドロップでセットしていって下さい。wsfaset1EAをドラッグアンドドロップした後に「パラメーターの入力」で最初に説明した通り、ASIA版のバグ対策と販売会社推薦のMaxDailyRangeを変更する必要があります。上記画像をご参考ください。


<動作の状況についての説明>
【WallStreet_2.0_Evoluion_v1.0】については24時間取引のチャンス時にポジション取りします。
【WallStreet_ASIA_Evo_v1.0】は日本時間の早朝のみにポジション取りします。新規ポジが夕方〜夜だったりしたらAuto_GMT関係のパラメータ設定ミスです。

今回は固定ロットでの説明を行いましたが、証拠金に合わせて取引ロット数を自動調整する複利ロットなどの説明は別記事のパラメーター説明で行います。初心者の方は記事作成まで少々お待ちください。

周囲で相談できる人が居なくて不安やお困りの場合は、問い合わせフォームよりご連絡下さい。メールでもSNSでも電話でも、連絡取りながらお答えします。遠慮なくどうぞ^^/

4.5 rating

ABOUT THE AUTHOR

雄叫び
2007年夏より自動売買に興味を持ったのがきっかけでFXを始めました。最初の3年くらいで350万円を溶かしたと思います。その内訳は殆んど全て裁量取引。素人がFX取引をしていけないと痛感させられました。しかし、EAによる自動売買の可能性に諦めきれず、研究を重ねた結果。海外の優良EAを見つけ出し、それによる取引で勝率が大幅にアップ!そんな経験をブログサイトでまとめました。(もともとのキッカケはニコ生で質問攻めに遭ったので、そのまとめサイトにしたということは、知る人ぞ知る本当のサイト創設理由^^;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top