手軽に賢くFX自動売買(海外EAシステムトレード編)

雄叫びさんの自動売買で毎日ちゃり〜ん。

FxPro SuperTrader

その他の記事

トレード思いつき日記

その他の記事

お金の勉強(ヒント)

その他の記事

お名前VPSの初期セットセットアップ

<記事編集途中:リビジョン0>

今まで、Forex.comさんの提携サービスとして「お名前リモートデスクトップ」を利用していたのですが、取引安定化のために新規でお名前.com 「デスクトップクラウド for FX 1GB」を追加契約しました。



契約方法は別途記事にしようと思いますが、今回は初期起動からです。

お名前側から「デスクトップクラウド サービス設定完了」のメールが届くと思いますが、その段階でOSインストールが開始されているので20分後くらいからRDPでの接続が可能になります。

RDP=Remote Desktop Protocol=マイクロソフトのリモート接続規格

Windowsでは何もダウンロードせず、OSに接続アプリがあります。他の場合、
Macでは『Microsoft Remote Desktop』をAppStoreでダウンロード
iOSでは『お名前.com デスクトップクラウド』をAppStoreでダウンロード
Androidでは『Microsoft Remote Desktop』をGoogleストアでダウンロード
して下さい。

久々にまっさらのWindows画面です。

2016年夏現在、初期状態ではWindows sever2012R2がインストールされると思います。いわゆるWindows8.1系ですね。Windows Server2012R2も比較的に軽いので、そのままで良いと思いますが・・・

どうしてもWindows7系が良ければコントロールパネルでOSの再インストール>Windows Server2008R2を選べます。

最初にやる事はFX専用として使用するわけなので、少しでも取引スピードに支障が出ないようにシステムを軽くしていきます。今回のWindows Server2012R2起動画面のスタート表示から要らないアプリを削除します。ニュースや天気、スカイプ、メールなんかも要りません。

今回の目的が秒スキャEAにちゃんと働いてもらうための環境づくりなので、AcrbatReaderなんかもアンインストールしてかまいません。初期に入っているMT4も別に要らないのでアンインストール。

続いて、仮想メモリの設定。これは1024の2048で十分。必要以上に大きくするとパフォーマンスが下がります。

視覚効果は「パフォーマンス優先」(もしくはフォント表示の滑らかさ、くらいON)

続いて、Windows Updateを手動でかけます。

WindowsUpdateについては、平日のFX取引時間帯にバックグラウンドで動かれては困りますので、システムが推奨していなくても自動では行わずに、数ヶ月に一度くらい土日に手動で行うようにして下さい。

セキュリティソフトも要りません。メールやインターネットエクスプローラーを使わないようにして下さい。

セキュリティソフトやWindowsUpdateで気を付けないといけない事として、EAの仕様(特に.dllファイル使用EA)によってはセキュリティブロックで正常に動かない(もしくは動かなくなる)場合もありますので、気にしていてください。

とにかく軽くしたら・・・。

ですが、多分。最初にOSがインストールされて数時間は次の画面のようにCPUもメモリーもフル回転しているかと思います。

これはシステムの必要情報(目次情報など)収集などをバックグラウンドで行っている為で、落ち着くまでに半日近くかかります。

落ち着いたら・・・。次のよう状態にくらいになります。

その後、いよいよEAをインストールして稼働です。

ご自身のパソコンのファイルをVPS上に送るために、メールなどで送られている人も居るようですが共有フォルダ設定でファイル移動が可能ですので、その辺は各自のOS、RDPの設定を確認ください。

ABOUT THE AUTHOR

雄叫び
2007年夏より自動売買に興味を持ったのがきっかけでFXを始めました。最初の3年くらいで350万円を溶かしたと思います。その内訳は殆んど全て裁量取引。素人がFX取引をしていけないと痛感させられました。しかし、EAによる自動売買の可能性に諦めきれず、研究を重ねた結果。海外の優良EAを見つけ出し、それによる取引で勝率が大幅にアップ!そんな経験をブログサイトでまとめました。(もともとのキッカケはニコ生で質問攻めに遭ったので、そのまとめサイトにしたということは、知る人ぞ知る本当のサイト創設理由^^;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top