手軽に賢くFX自動売買(海外EAシステムトレード編)

雄叫びさんの自動売買で毎日ちゃり〜ん。

FxPro SuperTrader

その他の記事

トレード思いつき日記

その他の記事

お金の勉強(ヒント)

その他の記事

24時間自動トレードの為にVPSは安い!?

まず、電気代のお話から。
ノートパソコンはACアダプタをつけっぱなしで50w程度、ディスクトップは100〜250w程度が近年のミドルクラス(Celeron〜Corei5クラス)PCの消費電力です。ただしこの数字は最大時の容量なので・・・大雑把にFXのみで使用している場合はざっくり平均40%稼働として。ノートPCで20wディスクトップPC(最大150wクラス)が60W平均としましょう。その場合の一ヶ月の消費電力は

W数×1日の稼働時間÷1000×電力会社設定単価(東電で季節平均25.91円くらい)×日数(30日)=一ヶ月の電気代
で電気代の計算が出ます。そして、その結果によると

平均20w稼働のノートPCの場合=月373円・・・年4,477円
平均60w稼働のディスクトップPCの場合=月1,119円・・・年13,432円
になります。

さて、これにパソコン購入代金、そして定期的に訪れる故障修理代金買替代金を加算していくとVPS(バーチャルプライベートサーバー)の利用がそこまで高額ではないと感じて来ると思います。

VPSとは??????って方も、MT4&EA自動売買初心者の方の中には多いかと思います。

VPSの略はバーチャルプライベートサーバーの頭文字ですが、その名の通り『仮想・自分用・サーバー』です

そのサーバーにはiPhoneやiPad、Android端末、Mac、そして別のWindowsから接続してリモートで操作できるサーバー内のパソコン環境を示します。

主に、FXでのMT4&EA稼働ではVPSにWindows環境もインストールされたWindowsディスクトップサーバーのサービスを利用することになります。

ちなみに、別記事で紹介している「外出先から自宅PCにアクセスする方法(Chromeリモートデスクトップ)」を実践されている方ならば、その自宅PC自体がサービス提供会社に月額で置かせてもらっているようなイメージです。vps_image※ あくまでもイメージで、実際には1つのパソコン(サーバー)内に複数の隔離されたWindows環境が混在しており、その一つづつを利用する形になります。

実際に私はWindowsPCも低スペック&省電力のものを所有はしていますが、基本的にMacオンリーユーザーなので、WindowsPCは自宅天井裏にて電源を入れっぱなしで放置し、RDP(マイクロソフト提供、WindowsPCなら既に同機能が入っています。)という遠隔ソフトで天井裏パソコンとお名前リモートディスクトップさん契約のVPSを同時接続して操作しております。

さて、そのVPSサービスですが利用価格がみなさん気になるところですよね。

提供している会社は国内でも数社ありまして、価格はだいたい横並びです。が…

VPSを選ぶ際にはそのVPS(仮想PC)で何ギガのメモリーを確保するかによって価格差があります。その為、1ギガプランではA社が安いけれど2ギガプランではB社が安いなんて場合もありますし、契約期間によっても差が生まれます。

VPSの参考平均価格:1ギガ、半年契約で一ヶ月2500円前後

だいたい目安ですが、FX専用でMT4以外は全く使わないことが条件であれば1ギガプランでMT4(8チャート稼働くらい)が3つ稼働出来る(VPS会社は1つを推薦しています)という感じだと思ってください。

それでも、指標発表時にMT4のチャート動作が激しくなるなどするとギリギリかもです。

どこかのサイトで「MT4が20個動く。」と見ましたが・・・などのど質問もたまに頂きますが、初期のMT4状態ならまだしも、複数チャート表示とEA稼働では無理です。さらに2015年、そして2016年からのMT4バージョンはビルドUPごとに処理が重くなっています。

なので、これも別記事で示すWindows自体の軽量化とMT4の軽量化を行ってリスクを減らすしかありません。

ちなみに、VPS新規契約でMT4を幾つか動作させた時、CPU使用率やメモリ使用率が50%程度で安心してもWindowsのシステムが定期的にバックグラウンドでシステムのメンテナンスや更新プログラムのチェック、ファイル検索用インデックスの作成、ウイルスチェックなどで定期的に動きます。経済指標時とそれらが重なると一気に動作が重くなり、トレードに支障が出たり、遠隔ログインが不可になるなど致命的なことが起こる場合があります。

VPSに限ったことではありませんが、大事なお金を運用しているシステムですので、少しでも余裕をもたせて本来のトレードがちゃんと行われる環境を整えましょう。大概のVPSはVPS利用ユーザー間で CPU処理能力を分割していますが、CPUに一般家庭では使用しない超高性能な物を使っています。
onamae_spec(上記は、2015年7月に契約したお名前.com デスクトップクラウド for FX)

EA稼働では24時間&ほぼ365日の間、パソコンをつけっぱなしで安定ネット接続されている環境が必要なので、VPSの必要性は非常に高いということをこの記事ではお伝えしておきます。

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

雄叫び
2007年夏より自動売買に興味を持ったのがきっかけでFXを始めました。最初の3年くらいで350万円を溶かしたと思います。その内訳は殆んど全て裁量取引。素人がFX取引をしていけないと痛感させられました。しかし、EAによる自動売買の可能性に諦めきれず、研究を重ねた結果。海外の優良EAを見つけ出し、それによる取引で勝率が大幅にアップ!そんな経験をブログサイトでまとめました。(もともとのキッカケはニコ生で質問攻めに遭ったので、そのまとめサイトにしたということは、知る人ぞ知る本当のサイト創設理由^^;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top