手軽に賢くFX自動売買(海外EAシステムトレード編)

雄叫びさんの自動売買で毎日ちゃり〜ん。

FxPro SuperTrader

その他の記事

トレード思いつき日記

その他の記事

お金の勉強(ヒント)

その他の記事

スプ狭業者選ぶならAXIORY

2018年11月加筆
3年以上AXIORY利用しおておりますが、トラブルに見舞われたことはありません。逆にこの間に日本の業者で新興国ペアの値飛びで損害食らったので益々嫌気がさします。クレジットカード系の入金は概ね即(5秒程度)で反映されますし、XMと違い出金処理が即口座除外(AXIORYの場合は現地営業時間内で処理されるため)にならないので、私は口座を2つ作成して出金前の資金は一度、その別口座に動かして出金処理を行っています。引き続き、私個人では一番のメイン口座で利用しております。


2017年9月加筆
約2年利用して、現在もAXIORY使用しておりますが現時点でも私がメインで利用している業者です。新しい技術やサービスの追加、カスタマー対応も月日を追うごとにパワーアップでしいて一番のおすすめ業者です。XMは入出金のスピードが早く、ボーナスクレジットの付与など良いのですがスプレッドがやや広めです。ですので、少しでも不安を減らすために海外最初の業者はXMを薦めますが、2口座目はAXIORYをお薦めします。
<2017年秋|おすすめ理由>
・日本国内にサーバーが有る為、約定が早い。5ms程度(国内VPSでもOK)
・ビットコインでの入出金に対応
・クレジットカード入金は1秒程度で即、口座反映。


最近、AXIORYさんよりシステム変更のお知らせが来たので再び入金して使い始めました。スプレッドも狭くて人気の「ThinkForex」が2015年3月で日本人のトレード不可になってしまった為に、代替えの業者を探していた方がとても多かったと思います。私も同類でして、そんな中で見つけたのが【AXIORY】(アキシオリーと読みます)です。

当時は、同じようにいきなり日本人が流入したようでサポートの日本人の方も嬉しい悲鳴の反面、ユーザーWebシステムなどが日本語対応していない事や、日本発行のクレジットカードからの入金で仲介システムとの連携トラブルなど有ったりして、バタバタしたようです。(現在は全て解消されています。)

そして2015年10月、システムの大幅変更によってスプレッドが狭いだけでなく、魅力的なWebシステムになりました。今後、絶対に日本人の利用者が増える顧客思いの良い業者だと思います。注目ですよ。

<口座を作ろうと考えている方にご注意>
もし、AXIORYの口座を作られるようでしたら必ずキャッシュバックサイト経由で作られた方が良いですよ。知らずに初回から検索エンジン(YahooやGoogle)のリンクなどで口座開設すると変更も、今後の追加口座でもキャッシュバックサイト経由で登録はできません。

CashBackForexでは現在AXIORYの対応をしておりませんので、対応キャッシュバックサイトについてはこちらの記事を御覧ください。
AXIORYのキャッシュバック契約ならFXRoyalCashBack

axiory

良い点:
とにかくスプレッドは海外のMT4利用FX業者で最低水準
・取引処理スピードも上位クラス
・信託保全は入金額全額(運用利益は除外)
・出金しなくてもAXIORYカードの利用で、国内のショッピング利用可能
・入金手数料無料(規定額以上)
・Webの案内がシンプルでごちゃごちゃしていない。

心配な点:
・創業が2013年からなので信用度は未知数である。
・あまりにも日本人に対して親切なサービス向上が目覚ましいので金融庁さんからのプレッシャー大丈夫かと?

私のメイン口座の一つで、今後もし専業になるようならばナノスプレッド口座で200万円以上の資金運用しても良いと考えている業者です。それまで、さらに良質なEAによる自己ポートフォリオを研究している段階です。

ABOUT THE AUTHOR

雄叫び
2007年夏より自動売買に興味を持ったのがきっかけでFXを始めました。最初の3年くらいで350万円を溶かしたと思います。その内訳は殆んど全て裁量取引。素人がFX取引をしていけないと痛感させられました。しかし、EAによる自動売買の可能性に諦めきれず、研究を重ねた結果。海外の優良EAを見つけ出し、それによる取引で勝率が大幅にアップ!そんな経験をブログサイトでまとめました。(もともとのキッカケはニコ生で質問攻めに遭ったので、そのまとめサイトにしたということは、知る人ぞ知る本当のサイト創設理由^^;)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top